女子会


 

 
  
 
 



お金の掛かる女子会

管理人が女子会に参加する機会は、
少なくとも月1~2回はあります。

学生時代からの友人だったり、地元の気の置けないメンバーだったり、
子どもを預けている保育所、学校のママ友の会だったり。

女同士というのは見栄を張りあうところがあるので
毎回クーポンの使えるお得なお店だけでなく
会によっては、ちょっとした高級ランチを
食べに行かないといけないこともあるのです。。

高級ランチともなりましたら
ある程度の身支度もしないといけないので
美容院のセットや、洋服にまでお金が掛かってしまうこともあります。
お金がかかってしまうので、行きたくないこともあるのですが、
自分より権力のある人に誘われると断れないこともしばしば。。

サラリーマンの旦那の給料は入ってくる分が決まっているし、
稼ぎを増やすには自分が働こうと決意し、思い切って仕事復帰。

管理人は結婚前、薬剤師として働いていたので
なんとか今の仕事に就けました。

薬剤師は高給を頂けますし、女性が多い職場だけあって
勤務体系をかなり柔軟にしてくれていることが多いです。
小さな子どもがいる母親にとったらかなり有り難い環境です。
子どもは急に熱が出たりしますからね。。

薬剤師の資格を持っているけど、
母親になり子どものこともあるから。。と、仕事復帰を躊躇されている方は
薬剤師専門の転職サイトに登録することから始めたらいいと思います。

女子会も仕事も上手にやっていきましょう。

自由になるお金が少ない専業主婦の方でも、
トリンドル玲奈さんのCMミュゼプラチナムのような
女性の味方的サロンがあるのをご存じですか?
お金がなくても女子会に向けてきれいになれますよ。


© 2014 女子会